このページでは、Javascriptを使用しています
お気軽にお問い合わせください 044-833-1121

装置ポンプメーカ’ニクニ’のコア技術を生かした省エネ、環境製品

湿し水精密濾過装置 エバークリーン

オフセット印刷に使用する循環水(湿し水)専用の濾過装置です。印刷の際に混入してしまう不純物(紙粉、インキ、油脂、パウダー等)を除去し、綺麗な湿し水に保ちます。

導入のメリット

  • 高品質印刷を実現し、印刷品質を安定させます。
  • 湿し水の交換が不要なため、H液・IPA消費量の低減が見込めます。
  • 湿し水に関するトラブルが減少し、装置稼働率を向上させます。
  • 廃液の削減ができ、年間産廃コストの低減、作業負担軽減が見込めます。
  • 環境保護認証取得に貢献します。

エバークリーンは環境保護印刷推進協議会が
認証するクリオネマーク推奨製品です。
環境保護印刷 ゴールドプラス

湿し水精密濾過装置 エバークリーン|湿し水(実液)ろ過の実演 Case-1

湿し水精密濾過装置 エバークリーン|湿し水(実液)ろ過の実演 Case-2

エバークリーン導入効果の試算条件


印刷機の種類 ※輪転機については別途お問合せください。
色数
印刷機の台数
湿し水循環タンクの容量 L
印刷機の稼働時間 時間/日
H液の消費量 L/月
H液の添加量 %
H液の単価 円/L
IPA(IPA代替)の添加量 %
IPA(IPA代替)の単価 円/L
湿し水循環タンクの水交換 回/月
水交換時の印刷機停止時間 時間/回
湿し水の産廃処理の場合の費用 円/L
インキの種類
エバークリーン型式

機種選定の目安 型式
菊四半栽4色以下 ECQ503
菊全4色以下 ECQ503
菊全5色〜輪転 ECQ505


エバークリーン導入のコストダウン効果(経済的効果)試算結果

印刷機の種類
エバークリーン型式
フィルター型式

コストダウン合計金額 円/月

H液・IPA・インキ使用量削減、産廃費用の低減、装置稼働率上昇によりコストダウンが見込めます。

1台あたり1ヶ月付加価値利益 円/月
1台あたり1年間付加価値利益 円/年(1台当り)
台数合計 1年間付加価値利益 円/年

※ 装置導入コスト、フィルター交換に伴うランニングコストを加味しております。
※ 上記の金額、使用料については一般的な金額で積算しております。



湿し水精密濾過装置 エバークリーン|墨汁ろ過の実演

湿し水精密濾過装置 エバークリーン|展示会出展(ニクニブース)

湿し水精密濾過装置 エバークリーン|小森コーポレーション様での展示

特徴

  1. 2種類のフィルターで、常に新液状態に保つことで液交換が不要です。
  2. インバーター制御により、フィルター寿命を大幅に延長させることで更ににコスト削減に貢献します。
  3. 印刷機に合わせた3つのラインナップを用意しております。
  4. フィルター交換時をランプとアラームでお知らせします。
  5. 面倒なフィルター交換作業を簡易化しました。
  6. 設置場所に合わせ、IN・OUT配管の指定変更が可能です。(前出し後出しのみ)
  7. 100V又は200V仕様のご用意が可能です。

外形図

仕様

型式 ECQ301 ECQ503 ECQ505
外形寸法 W580×D360×H955 W450×D670×H955 W450×D670×H985
重量(フィルター装着時) 60kg(61kg) 94kg(100kg) 102kg(109kg)
電源電圧・周波数 AC100V 50/60Hz
ポンプ駆動方式 インバター制御
消費電力 320W 550W 750W
接続口径 15A 20A 25A
循環流量 10〜19L/min 20〜40L/min 40〜60L/min
湿し水水槽容量 50L以下 100〜150L 300〜400L
適応フィルター ZS1A-C1XA Z1A-C3XA Z1A-C5XA
選定目安 菊半四色機以下 菊全四色機以下 菊全5色機〜輪転
装置 一覧へ戻る
このページのトップへ