お問い合わせ

うず巻ポンプ 一体型 ステンレス

ステンレス製 うず巻ポンプ

CPSD

用途

  • 中型・大型VDF(サイクロン濾過装置)へのスラリー液の供給。
  • タンクや地下水槽等のスラリーを含む液の排出、移送。
  • 自吸用途 ※オプション自吸弁が追加必要

特長

  1. SiCメカニカルシールとフッ素ゴム(FKM)パッキンにより、スラリーに強く耐薬品性に優れています。
  2. クーラント専用設計のため、ポンプ内に切屑が絡まりにくく、堅牢な鋳物構造により多少の部品磨耗にも性能低下はありません。
  3. ポンプ効率が高く、電力消費を抑え、CO2の排出を削減します。
  4. 横型自吸構造で据付、取扱いが容易です。移動使用にも柔軟に対応します。
  5. パックプルアウト方式で配管を外さずに内部の点検や部品の交換が可能です。

予想曲線

標準仕様

【注意】
  • 予想性能曲線は清水によるものです。ただしCPFD型はクーラント専用設計のため清水での使用には不向きです。
  • スラリーを一時に大量に吸込むと羽根詰りの原因となりますの。配管先端の吸込み部に注意して始動して下さい。
  • クーラント液の粘度が上昇すると軸動力も上昇します。モータの過負荷にこ注意下さい。

外形図

※詳細は技術資料ダウンロードでご確認ください。

よくあるご質問

うず巻ポンプとはどのようなポンプですか?

羽根車の回転による遠心力を利用して流体の圧力を高めるポンプです。ケーシング中央に液体の吸込口があり、外周に液体の出口があります。
渦流タービンポンプに比べると「大流量・低揚程」の性能となります。 

うず巻ポンプの予想曲線はどのように見たらいいですか?

X軸が流量、Y軸が全揚程となります。流量が少ないほど全揚程は高くなり、流量が多いほど全揚程は低くなります。また、モータ軸動力は大流量になるにつれて大きくなりますので使える範囲に限界があります。さらに、極端に少ない流量域においては、サージング現象が発生し、性能が不安定になります。要求仕様をポインティングし、ご希望の仕様を満たすかご確認ください。 

ページの先頭へ戻る